水文調査部門

 「水文」って、一体何でしょうか?
 天体に関わる現象を「天文」、人間の関わる現象を「人文」と呼ぶことがあるように、地下水地表水など、「水の関わる様々な現象」を「水文」と呼びます。
 私達は、この様な「水の関わる様々な現象」を多彩な調査手法と総合的な解析技術を用いて解明し、施工防災・環境問題に役立つ情報の提供、各種コンサルティングを行います。

水文調査

 社会の発展に欠かせない様々な構造物の施工は、その一方で、周辺の地形条件や地盤条件の改変を伴うため、様々な地下水問題を引き起こすことがあります。
 これら施工に起因する地下水問題は、以下の2つの側面に大別できます。

1) 地下水の存在に起因する、施工や構造物への悪影響
→掘削時の異常出水、出水に伴う崩壊、掘削底盤の盤ぶくれ、etc...

2) 施工や構造物の存在に起因する、周辺地下水環境への悪影響
→地下水位の低下・上昇、水源の枯渇・減水、地表変位、etc...

線状地下構造物の施工に伴う周辺地下水環境への悪影響(左図)と それらを回避・低減する「地下水流動保全工法」の適用例(右図)のイメージ

 私達は、このような「地下水に関わる諸問題」に効果的かつ経済的に対処するため、施工開始前(事前)~施工開始後(事中)~竣工後(事後)にわたる総合的な調査・検討を進めていきます。

 線状地下構造物の施工に伴う周辺地下水環境への悪影響(左図)と それらを回避・低減する「地下水流動保全工法」の適用例(右図)のイメージ

  • 《主な着眼点とキーワード》
    • (事前調査)
      • 周辺地下水環境の把握
      • 施工に伴う問題点の抽出、影響予測
      • 対策手法提案効果検討
      • 施工開始後の監視体制の立案
    • (事中調査)
      • 影響の監視及び評価(モニタリング)
      • 対策手法の効果検証
    • (事後調査)
      • 影響の収束状況の判定
      • 対策の将来的な有効性の検証
      • etc...

施工に関わる「水文調査解析検討」の一般的な作業フロー

■主な業務実績
●さがみ縦貫道路水文調査 国土交通省関東地方整備局
●北海道新幹線、羊蹄トンネル地下水調査 鉄道・運輸機構北海道新幹線建設局
●茨木~池田間水文調査解析業務 西日本高速道路株式会社