物理探査部門

 地球内部を非破壊で診断する技術。
 深さ数十cmのアスファルトの下の埋設管から、深さ数千mの地下資源まで、物理探査技術は地下の可視化に用いられています。

土木物理探査

 地盤を非破壊で可視化する技術、それが物理探査です。
 地質調査、橋梁基礎地盤調査、弾性波探査、比抵抗探査、反射法地震探査、電磁探査、トモグラフィ探査、地中レーダ探査、VSP探査、物理検層などを実施しています。

弾性波探査(高精度解析)によるトンネル地山評価

地中レーダ探査による舗装面の健全度調査

三次元探査による河川堤防の健全度評価

■主な業務実績
●北海道新幹線、野木和地区地質調査 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
●一般国道230号 札幌市 定山渓外地質調査業務 札幌開発建設部
●平成23年度北浦左岸下流・鰐川・外浪逆浦・常陸川堤防統合物理探査調査業務 国土交通省関東地方整備局
●分庁舎新築工事地質調査業務委託 神奈川県
●北海道新幹線、立岩地区断層調査 鉄道建設・運輸施設整備支援機構