地盤防災部門

 わが国では各種の自然災害によって、毎年多くの物的・人的被害が生じています。自然災害の形態は、地震・洪水・高潮(津波)・土砂災害・火山噴火等、非常に多岐にわたりますが、自然災害の発生には地盤条件が少なからず関連しています。これらの防災検討には、地盤調査・解析等の地質工学的手法から、防災情報システムやリスク評価などの社会工学的手法まで広範な技術が要求されます。弊社では、これらの技術要求に対応するための調査手法の高度化や解析手法の開発等に取り組み、経済的で効果的な防災対応の提案を行っています。

安定解析・対策検討

 安定解析・対策工設計では、各種機関の設計指針に基づいた安定性評価と対策工の設計を行うとともに、検討箇所の特性に応じて数値解析手法を併用した検討を行います。また、自然災害発生時の緊急対応策として、通信ネットワークを活用した監視(観測)システムを提供します。

Topics-1:数値解析を併用した斜面対策工検討

 下記のような地形地質特性を有する斜面では、一般的な対策設計指針の適用が困難となるケースがあります。このような箇所では、数値解析手法による変形解析等を併用した安定解析を実施し、現地条件に合致した最適な対策工の検討を行います。

・オーバーハング等の特殊な断面形状
・強度の異なる岩石から構成される複雑な地質構成
・作業用地が十分確保できない等の特殊な施工条件
・・・など

  • オーバーハング斜面の二次元変形解析事例

  • 三次元地すべり安定解析事例

Topics-2:活動履歴に基づく火山活動予測

 火山等の長期間継続する大規模な地質現象の活動予測では、発生機構や特性に関して不確定な要素が多く含まれる場合があります。このようなケースでは、過去の活動履歴から活動分布特性を抽出し、モンテカルロ法によって活動確率の空間分布を解析することが有効と考えられます。

  • 通信ネットワークを活用した変状監視システム

  • 防災Web-GISによる防災対策支援