地盤防災部門

 わが国では各種の自然災害によって、毎年多くの物的・人的被害が生じています。自然災害の形態は、地震・洪水・高潮(津波)・土砂災害・火山噴火等、非常に多岐にわたりますが、自然災害の発生には地盤条件が少なからず関連しています。これらの防災検討には、地盤調査・解析等の地質工学的手法から、防災情報システムやリスク評価などの社会工学的手法まで広範な技術が要求されます。弊社では、これらの技術要求に対応するための調査手法の高度化や解析手法の開発等に取り組み、経済的で効果的な防災対応の提案を行っています。

防災地盤調査・動態観測

 防災地盤調査・動態観測では、自然災害の『素因』と『誘因』を把握して発生機構を分析し、災害の形態・規模・範囲及び発生条件(進行程度)を的確に想定することが重要となります。防災地盤調査・動態観測では、地表踏査(防災点検)・ボーリング調査・計器観測等の様々な手法を活用し、地域特性に対応した調査・観測を提供します。

Topics-1:岩盤斜面崩壊調査(亀裂調査・緩み域調査・キーブロック解析)

 急崖を形成する岩盤斜面の調査では、作業上の制約条件からレーザ測量等による微地形測量が有効となります。また、岩盤斜面では不連続面の分布が斜面の安定性に大きく影響するものと考えられ、真空透気試験による表層緩み域調査や、写真測量・ボアホールTVによる亀裂解析並びにキーブロック解析(くさび型~平面すべり型)が有効です。

  • 岩盤斜面崩壊調査事例

  • 岩盤斜面の形状測量手法比較

Topics-2:城郭石垣の動態観測

 近世城郭の石垣等の歴史的構造物の観測では、長期間にわたって変状の有無や進行程度を監視することが必要となります。このような特殊な構造物では、
  ・目視巡回調査による現況把握
  ・評点法による現況分類(ブロック分割)
  ・管理基準の策定と運用
  ・管理レベルに対応した動態観測手法の導入
  ・動態観測結果による評点及び管理基準の検証  等を組み合わせた動態観測が有効と考えられます。
また、観測内容の高度化等の点から
  ・非接触型の動態観測手法
  ・常時微動を利用した構造特性調査手法  の新規観測手法の開発に取り組んでいます。

  • 動態観測による評点法要素の検証

  • 石垣常時微動計測:スペクトル例

  • 精密写真測量の石垣動態観測適用例

■主な業務実績
●平取穂別線災害防除工事(道州制)地すべり調査 北海道室蘭土木現業所苫小牧出張所
●地すべり対策事業神有調査業務委託 山梨県峡南地域振興局市川建設部
●急傾斜地崩壊対策工事(住居野東部地区調査業務委託) 埼玉県本庄県土整備事務所
●名国管内道路防災カルテ点検調査業務委託 国土交通省名古屋国道事務所
●土砂災害防止基礎調査 国土交通省八ッ場ダム工事事務所
●付替村道落石対策検討業務 水資源機構荒川ダム総合事業所
●小滝地区他地質調査及び動態観測業務 国土交通省北陸地方整備局松本砂防事務所
●道路のり面等点検調査業務委託その3 埼玉県秩父県土整備事務所