地盤防災部門

 わが国では各種の自然災害によって、毎年多くの物的・人的被害が生じています。自然災害の形態は、地震・洪水・高潮(津波)・土砂災害・火山噴火等、非常に多岐にわたりますが、自然災害の発生には地盤条件が少なからず関連しています。これらの防災検討には、地盤調査・解析等の地質工学的手法から、防災情報システムやリスク評価などの社会工学的手法まで広範な技術が要求されます。弊社では、これらの技術要求に対応するための調査手法の高度化や解析手法の開発等に取り組み、経済的で効果的な防災対応の提案を行っています。

自然災害の確率論的評価

 自然災害に係わる地形地質特性のばらつきが大きい場合等では、確率統計的な手法を用いて災害の規模や影響度を評価することが考えられ、イベントツリー分析や数値シミュレーション等によって災害規模などの範囲を予測して対策を検討します。

Topics-1:不連続変形法による斜面崩壊シミュレーション

 落石や岩盤崩落現象における崩落経路・エネルギーは、岩塊の形状・斜面形状・岩塊や斜面の物性・植生の有無等によって様々に変化すると想定され、決定論的な挙動予測が困難な場合があります。このようなケースでは、崩壊シミュレーションによって崩落経路やエネルギーの範囲を想定し、各種対策を講じます。

  • 三次元シミュレーションによる経路解析

  • 崩落エネルギー解析

Topics-2:通信ネットワークによる変状監視(防災Web-GIS)

 自然災害が発生した場合には、変状の進行状況等を把握して避難・立入り禁止等の緊急対応を的確に実施することが必要となります。このような要求に対して、通信ネットワークを利用したリアルタイムの変状監視システムを構築・提供します。さらに、これらの情報をWeb-GISを活用して統合することによって、総合的な防災対策を支援します。

  • 通信ネットワークを活用した変状監視システム

  • 防災Web-GISによる防災対策支援