地盤解析部門

 私たちの生活の中には、「地盤」に関連して生じるさまざまな問題があります。軟弱地盤・地盤災害・地下水環境・地震防災・耐震検討などがその例です。地盤解析部門では、「調査」・「観測」・「解析」の3つの技術を駆使して、地盤(Geo)に関連して生じるさまざまな問題の解決(Solution)を図ります。これにより、社会生活におけるインフラ整備や安全で安心な生活環境の確保をサポートしています。

不連続性岩盤解析

 道路や鉄道などの交通輸送路や山間部の住宅地などにおいて、背面および下部の岩盤斜面の安定性はきわめて重要な課題です。平成8年の豊浜トンネル崩落事故の発生などにより、社会における斜面防災の重要性が認識されるとともに、そのためのさまざまな調査技術も開発されています。地盤解析部門では、岩盤斜面における調査・観測・解析技術の活用により、斜面の安全性評価を行なうとともに必要であれば対策工法の提案までを行なっています。
道路斜面の例
 山間部の道路では、急峻な自然斜面や急傾斜を呈する人工法面が数多く見られます。このような斜面・法面の中には、斜面崩壊や岩盤崩落などの危険性を有するものも少なくありません。
岩盤不連続面の一面せん断試験装置

 不連続面の発達した岩盤においては、その強度・変形特性は不連続面の強度・変形特性に大きく影響を受けます。このため当社では、岩盤不連続面を対象とした試験を実施するために一面せん断試験装置の開発を行ないました。