地盤解析部門

 私たちの生活の中には、「地盤」に関連して生じるさまざまな問題があります。軟弱地盤・地盤災害・地下水環境・地震防災・耐震検討などがその例です。地盤解析部門では、「調査」・「観測」・「解析」の3つの技術を駆使して、地盤(Geo)に関連して生じるさまざまな問題の解決(Solution)を図ります。これにより、社会生活におけるインフラ整備や安全で安心な生活環境の確保をサポートしています。

防空壕の調査・解析・対策

 わが国には、戦時中に築造された防空壕や地下壕などのいわゆる特殊地下壕が多数残されています。国や自治体では、これまで数回にわたり実態調査や対策事業を進めてきました。しかし、戦後60年以上を経て、これらの特殊地下壕は地山の経年劣化に起因した崩壊・陥没などの危険に直面しています。
 一方で、平成17年には鹿児島県で坑道内への立ち入りによる中学生の死亡事故が発生し、新たな危険も指摘されています。当社では、トンネルの調査・解析などで培った技術を活用して防空壕の調査から対策工法の選定までを行っています。
防空壕の内部の様子
調査から対策工事まで

 当社では、①防空壕の位置の特定をはじめとして、さまざまな手法による②防空壕の調査および各種解析手法を利用した③防空壕の安定性評価を行なっています。それにより、坑道の充填や補強および坑口の閉鎖などによる④対策工法の設計を行ないます。