上水道部門

 上水道の役割は、安全・安心な飲料水を絶えず欠かすことなく供給することです。日本の上水道は、普及率が97%以上であり、国民のほとんどが安全な水を享受可能な、世界に誇れるインフラシステムであります。しかし、少子化問題や東日本大震災における被災状況から、そのシステムには見直しが必要であり、現在は転換期にあると考えられます。 私たちは、よりよい水道システムの構築を目指して、調査・計画・設計を行っています。

耐震診断・耐震補強

 東日本大震災においては、管路や浄水場等の施設が被害を受け、広範囲に断水が発生しました。今後発生が懸念される大規模地震においても、安定した給水ができるよう、管路や施設の耐震診断や耐震補強設計を行っています。

■主な業務実績
●小雀浄水場耐震診断調査業務委託 神奈川県横浜市
●小雀浄水場2系浄水ずい道耐震補強工事 神奈川県横浜市
●水道施設耐震診断調査業務委託(その1) 神奈川県企業庁
●高区配水池外内部塗装及び躯体修繕実施設計業務委託 岩手県北上市
●寒川ポンプ場吸水井及び連絡水路耐震診断調査業務委託 神奈川県横浜市
●北平沢中継ポンプ場耐震診断業務委託 埼玉県日高市
●水管橋耐震診断調査業務 札幌市水道局